森の上キリスト教会の信仰告白

 

使徒信条

 

我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず。我はその独り子、我らの主、イエス・キリス

 

トを信ず。主は聖霊によりてやどり、おとめマリヤより生まれ、ポンテオ・ピラトのもと

 

に苦しみを受け、十字架につけられ、死にて葬られ、陰府にくだり、三日目に死人の内よ

 

りよみがえり、天にのぼり、全能の父なる神の右に座したたまえり。かしこよりきたりて

 

生ける者と死にたる者とを審きたまわん。我は聖霊を信ず。聖なる公同の教会、聖徒の交

 

わり、罪のゆるし、からだのよみがえり、とこしえの命を信ず。 アーメン

 

 

 

 

主の祈り

 

天にまします我らの父よ。ねがわくは御名をあがめさせたまえ。御国をきたらせたまえ。

 

みこころの天になるごとく、地にもなさせたまえ。我らの日用の糧を、今日も与えたま

 

え。我らに罪をおかす者を、我らがゆるすごとく、我らの罪をも赦したまえ。我らをここ

 

ろみにあわせず、罪より救いだしたまえ。国とちからと栄とは、限りなくなんじのものな

 

ればなり。 アーメン

教会の信仰基準 

 

1.聖書はすべて神の霊感によって書かれた誤りのない神のことばで、キリストをあかしし、救いの道を教え、信仰の基準である。


2.神は霊であり、唯一全能の主である。神は永遠であり、父・子・聖霊の三位一体のお方で、その本質及び完全において全く同一である。父なる神は、天地万物を創造し、造られたものの主権者、保持者である。イエス・キリストは、父なる神のひとり子で、聖霊により、処女マリヤから生まれた真の神、真の人である。私たちを罪から贖うために十字架上で死に、葬られ、三日目に甦り、天に昇り神の右に座してとりなしておられる。やがて、生きている者と死んだ者とを審くため再び来られる。聖霊である神は、父なる神と子なる神を示し、罪を認めさせ、信じる者を新しく生まれさせ、神の子としてくださる。聖霊は、信じる者の中に住んで聖化し、み旨を行わせてくださる助け主である。

 

3.人は神のかたちに創造され、神との正しい関係にあったが、サタンに誘惑されて神に背き、神のかたちをそこない、神との交わりを失った。その結果、すべての人が罪のもとに生まれ、悪に傾く性質を持ち、死と滅びに定められた。

 

4.人は、自分の行いによっては神のみ前に義とされず、ただキリストを信じる信仰によって義とされ、罪の赦しと新生の恵みにあずかり、神の子とされる。義とされた者には、さらに聖霊の満たしと内住によって、全き聖化の恵みが与えられ、キリストの再臨のとき栄化の恵みにあずかる。

 

5.教会はキリストをかしらとするからだで、贖われた者はその器官であり、自分を主にささげ、互いに愛し結び合い、一致して聖書の真理に立ち、礼拝を守り、バプテスマと聖餐の礼典を行い、祈りと交わりによって養われ、整えられ、成長し福音宣教の使命を果たして行く。

 

6.キリストは、再び来られる。その時死者は甦り、すべての者がさばきの前に立つ。キリストを信じる者を永遠の祝福に、信じない者を永遠の刑罰に分かち定め、終わりにすべてを新たにし、み国を父なる神に渡される。